So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を観て [映画]

岩崎夏海氏の原作は読んでいませんが、飛行機内のプログラムで本映画を見ました。
結論:映画評価は5点満点中2点です(普通が3点)。

岩崎夏海氏は秋元康氏に師事していたようで、Wikiによれば「2005年から2007年まで
AKB48のアシスタントプロデューサー」まで務めた人物とか。だからでしょう、この映画は
AKB48と非常に関係性が高い映画になっています。

★総合プロデュース:秋元康
★脚本:岩崎夏海 田中誠
☆監督:田中誠
主題歌:AKB48「Everday、カチューシャ」
★挿入歌:前田敦子「Flower
 出演 川島みなみ:前田敦子★
     北条文乃:峰岸みなみ★
     浅野慶一郎:瀬戸康史
     柏木次郎:池松壮亮
     宮田夕紀:川口春奈
     加地誠:大泉洋

※★がAKB48関連。

うーむ。。。
普通に作ったらもっと面白い作品になったかもしれないのですが、
この映画はなんだか、AKB48と結びつけたことがミスマッチになり、
マイナスに働いているように思いました。
いわゆる「大人の事情」を強く感じてしまい、素直に楽しめない、
そんな印象でしょうか。

特にマイナスが顕著なのは主題歌です。全く合っていないと思いました。
主題歌の「Everday、カチューシャ」は、「カチューシャをする女の子に
憧れる男の子の恋心を歌った歌」ですが、この映画にそもそもカチューシャ
女子は出てきませんし、そんな「女の子想いの男の子」も出てきません。
完全なスポ根ものであり、川島みなみの心境を歌ったというのも無理があります。
結局、「AKB48の最新の楽曲」という以上の動機が全く見えません。

したがって、「最後にこの曲が流れたこと」で、ろっく的にはこの映画の価値を
ゼロ評価したいくらいの気分になりました。。文字通り「台無し」という感想です。

また出演者についても、川島みなみを演じた「前田敦子」はそれほど演技がうまい
と思いませんでしたが、頑張っていたと思いますので百歩譲って「あり」だとしても、
北条文乃は「峰岸みなみ」である必要があったのでしょうか。
もちろん峰岸みなみも頑張っていたとは思いますが、彼女の魅力は元気な役でこそ
活きるはず。無理に峰岸で行く必要はなかったように思います。

ちなみに、岩崎氏は「もしドラ」の公式ホームページのインタビューで
主人公のモチーフが峰岸みなみであったことを明かしています。

 「主人公の女の子(川島みなみ)は峯岸みなみという子がモチーフになっています。
  彼女は非常に頭が良く感性の鋭い子ですが、なかなか行動力が伴わず、
  頭の中で将来を悪い方向に考えてしまい、その考えに捉われて身動きが
  取れなくなりがちな子。僕も子ども時代はそういう子だったので彼女には
  すごく共感できるんです。昔の自分を見ているようでね。」

そうした岩崎氏の意向がなんらか働いたのかもしれませんが、そういう裏事情が
透けて見えるくらいに、なぜ峰岸みなみがこの役なのか?と違和感を持ちました。

せっかく、
●ドラッカーの言葉は高校野球にさえも応用できる、
●ドラッカー
 「マネジメントに必要なものは真摯さ」「まず顧客の定義から」
 「わかりきった答えが正しいことはほとんどない」
 などをキーフレーズを使いながらドラマを進める
マネージャーは単なるスタッフ・下働きではなく、ヘッドコーチ役とみなす、
●ノーバント、ノーボール作戦=イノベーション
などの発想はユニークでよいのに、残念ですねえ。。。

出演者の中では、瀬戸康史と川口春奈が輝いていたのが印象に残りました。
あと、大泉洋は安定感がありました。

ということで、内容以前に、「大人の事情」度はイヤラシイくらいアカラサマです。
それがために、皆、この映画を素直に応援できないように思います。
何度か感動するシーンもあったりそこそこ面白いのですが、どうも素直に
評価できない、そんな気分です。
興行収入は芳しくないそうですが、それもわかる気がします。

一言でいえば、「もったいない映画」と思いました。
結論の評価2点は、内容は3点のところ、「大人の事情」の厭らしさで
マイナス1点しました。

visual1_2.jpg
photo.jpg


※もしドラ公式ページ
  http://moshidora.jp/
 映画もしドラ公式ページ
  http://www.moshidora-movie.jp/index.html





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

フジテレビ「とくダネ」小倉智昭氏の「黒い社会との関係容認」発言書き起こし [怒・・・]

10年ほど前、フジテレビの「どうーなってるの?!」の頃や、ラジオ文化放送の
「小倉智昭の夕焼けアタックル」の頃は軽妙な語りが好きだった小倉智昭氏。

しかし、最近は、公共の電波を使ってフジテレビ自身のイベント紹介を熱っぽく
語るなど、氏の発言はどうも共感できないところが多くなってしまい、「やっぱり
歳を取られたのだろうなあ」などと思って距離をおいていました。

ところが、8月24日のフジテレビ「とくダネ」にて、「島田紳助氏の引退」を
取り上げた際に、とんでもない常軌を逸した発言をしていることがわかりました。
はっきり言って「共感できない」どころか、完璧「ノー」だと思う内容です。

あまりに変な内容だと思った小倉智昭氏の発言の一部始終を、周りの出演者
(高木美保さん、デーブスペクターさん)の発言とともに書き起こしてみました。

=============================
以下敬称略
小倉)
 それとね、問題の解決方法というのは、皆さんもいろいろな問題を抱えて
 いると思いますよ、テレビをご覧の皆さんもね。
 名前が出れば出るほどいろいろな窮地に立たされることも多くなりますよ。
 そうすると、警察だとか、弁護士だとか、自分の所属する事務所だとか
 企業だとか、そういうところでどうしても解決が出来ない時に、なんらかの
 圧力を発揮して解決させる人がいるってのも、これ事実なんですね。
 圧力団体であったり、ま、闇の社会の人であったり。
 で、特にそういうときに、切羽詰まって、自分の知らないところで、あったと
 しても、それを解決した人が闇社会の人であった時に、その解決してもらった
 本人の責任はどこまであるんだって、いうこともね、これからやっぱり色々と
 考えていかないと。
 皆さんの周辺にもね、知らないうちにそういう人達が解決してくれたとかって
 いうこと、どっかで起こるはずなんですよね、知っていて解決してくれることも
 ありますよ。

レポーター)
 だけど今回のこれに関しては(島田)本人も、やっぱりダメなものはダメなんだと。
 ルールはルールだから守らなきゃいけない。ね。

小倉)
 そうそうルールはルールなの。ダメなことはわかっているけれど、それしか解決
 方法がなかったんだっていう人も、なかにはいると思うのね。

レポーター)
 で、紳助さんもこの決断はやっぱり断腸の想いだったと思うんですね。
 で、(高木)美保さんも涙を見せていらっしゃいましたが、やっぱりお世話になった
 って方が、芸能界、沢山いらっしゃるようで、あの三十年近く芸能界にいました
 けれども、色んな方々に波紋をよんでいます。
 (ここでVに入る)

(V明け)

小倉)
 あの~、ま、芸能界と言うのはある意味、興行とは切っても切れない縁があって、
 興行の世界では、まあ、昔から~、ねえ、その暴力団関係との関係っていうのは、
 よく取り沙汰されてきたんですよね。
 で、その暴力団関係者と食事に行ったりとか、結婚披露宴に行ったりとか、
 ゴルフをしたりとかって、そういうので、今まで叩かれてきた芸能人もいましたが、
 いずれも、みんな、まあ、復帰はしてるんですよ。
 そういうなかで紳助さんがこういう、引退という行動をとったってことは、美保さん、
 今後に与える影響って、かなり大きいですよね。
 芸能人が衿を正さなければいけないぞって気持ち、に、させますよね。

高木美保)
 本当にそうだと思いますね。やっぱり今まで甘えとかうやむやになってたことって
 あるし、あの人、大物だからなんにも言えないよとか、そういうこともあったと思うん
 ですけれども。
 あの、自らが直そうって、みんな思いはじめるんじゃないかなって気がして。
 初めてそこで、例えば社会的な問題についても発言する権利、それを放送する
 資格が、本当の意味で出てくるんじゃないかなっていう気がするし。
 私はそういうすごく大きな勇気のある決断で、しかも後々になんか大切なものを残す、
 紳助さんの今回の、残念ですけど、決断だったなと思います。

小倉)
 あの、お嬢さんが「お父さん運が強いから大丈夫だと思うよ」と、おっしゃったそう
 ですが、デーブ(スペクター)、紳助さんはほかにもいろいろな仕事をやっていて、
 うまくいっているんでしょ。

デーブ)
 飲食業も、不動産物件もたくさんやっていますのでね、投資もやっていると思う
 んですが。本当に運が強いんですけれども、ただ運が悪いのは、今の時代は、
 メール、特に記録として具体的に目で見えるものなんですよね。
 ま、大相撲のスキャンダルの時もそうだったように、そうしますとですね、今まで
 こういった接触があったとしても、本人は自覚がないにしても、接触があるにしても
 伝聞だけだったんです、誰かが言っているとか、関係者がこう言っているとか。
 今メールですので、おそらくそういう携帯の画面か、おそらく残した文章載るわけですので
 要するに否定できない、証拠になる。
 で、もうひとつ今おっしゃったとおりですね、興行とか芸能は昔から伝統的に、そういう
 怪しい付き合い色々あるとしても、今はですね、通用しないのは、すべての会社が
 上場して、株式会社ですので、顧問弁護士もいるし、本当にトラブルがあったら、
 いろいろな手段、いろんな方法があるわけですよ。
 だから、そういう圧力かけるところとか、威嚇するようなところ、本当は今、通用しないはず
 なんですよ。それをまだ鵜呑みにするという、トップ人員も含めて、やはり意識を
 変えなければならないと思うんですよ。
 エンタテインメントというのは、ちゃんとプライドを持つ商売として、産業として
 やらなければならないわけですから。
 昔の、まあ、変な言い方をすれば、悪い癖はですね、もうさよならしないといけないと思う。

=============================

どうも小倉さんは、黒い社会との付き合いを容認しているようです。

●どうしても解決が出来ない時に、なんらかの圧力を発揮して解決させる
 人がいるってのも、これ事実なんですね。圧力団体であったり、ま、
 闇の社会の人であったり。
●ルールはルールだけど、それしか解決策がなかった人もいる。
●(暴力団との付き合いが発覚して)叩かれた~云々。

言葉の端々に、暴力団関係者との付き合いは「大したことがない」と言わんばかり。
そして、この不適切な発言に対して、特に謝罪等はなかったそうです。


ならば小倉氏に改めて聞きたいですが、

1)本当に、どうしても解決しない場合、「非合法の力の行使」を容認・
推奨するのでしょうか。そこは正義もなく、ただただ力のあるものが
力のないものを制する、なんでもありの空しい世界ですが、これを
あなたは望むのでしょうか。

そして、その人たちは慈善団体や社会貢献団体ではないので、
他人の悩みを(勝手にせよ)解決するからには、それに対して
何らかの便宜を追及するはずですが、
2)小倉さんは彼らに便宜を図ったことがあるのでしょうか。

そして、3)この容認発言は、今回の吉本興業や、さまざまな企業や
社会がコンプライアンス・遵法などの面で大変な努力をしていること、
そしてなにより、島田紳助氏のせっかくの決断そのものを、馬鹿に
していることになりませんか。

そして、フジテレビは、このような危うい思想の人に、月曜日から
金曜日まで、毎朝ニュースを語らせていてよいのでしょうか。
番組中に謝罪がなかったということは、プロデューサー・スタッフらも、
特に問題視しなかったことでしょうから、同じ考えなのかもしれませんが、
何をかいわんやです。それでも上場企業なのかと訝しく思います。

あるいは、テレビ局自身も、ある種の「興行」の世界ですから、彼らも
小倉氏の言うとおり、黒い社会との関係にすでに毒されているのかも
しれません。
いずれにしても今回の発言は、少なくとも公の場で発信する内容としては
あまりにも常識を疑うものだと思いました。

※フジテレビ「とくダネ」
 http://www.fujitv.co.jp/b_hp/tokudane/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

久しぶりのエントリー:原発問題で思うこと [原発問題]

ろっくです。

久しぶりのエントリーとなりました。
しばらくマイブームがブログから距離を置いてしまい、
離れていましたが、また時々更新したいと思います。

3月11日以降、さまざまなことが明らかになりました。

特にろっくが感じたのは、NHKも含めマスコミは信用ならない、ということでした。
いや、もともとそれほど信用していたわけではありませんが、今や「信用は地に落ちた」
と言ってよいでしょう。

特に顕著に思ったのは、NHKの討論番組で、ソフトバンク孫正義氏が、
「これは不規則発言だと思うが」と前置きして、相馬市の放射能データが
高いことを理由に、「30キロの避難指示区域外だがすぐ避難させるべき」
と話したところ、番組司会を務めていた野田稔氏が明らかに動揺し、
以降なかなか孫さんを指名しなくなりました。
NHKにも報道規制がかかっていることを如術に感じさせる番組でした。

思えば、
・国がSPEEDIの情報を開示しないことについても、
・マスコミが原発の爆発映像を報じないことについても、
・枝野某氏が「直ちには影響がない」という不明瞭な言い方に終始することについても、
・管政府が、浜岡原発のみを停止させることについても、
・三か月以上もメルトダウンの可能性を拒絶し続け、後で、「やっぱりしていた」、
 と言い放って憚らない東電についても、
・「安全かどうか」ではなく、「必要かどうか」で安全の判断を下す改名したほうがよい
 「原子力安全委員会」メンバーの言動についても、
その報道には、およそ批判の精神が感じられません。

ましては今回の、福島県の放射能汚染牛肉の問題に関しても、
真実追及の姿勢は皆無です。
誰が悪かったのか、何が問題だったのか、どうすべきだったのか、
なぜそれができなかったのか、など。
以前の中国毒餃子騒動の時のような激しい報道は影をひそめています。

国による報道管制が敷かれたマスメディアは、見るに値しないでしょう。
自由な意見が表現でき、交換しあえるインターネットメディアがあってよかった、
そのように思ってしまうこの状況を、うれしいと思うべきか、悲しいと思うべきか。

いずれ巨大な公害訴訟に発展するかもしれないこの原発問題、
現代を生きる日本人それぞれがしっかりと自分の力で情報を集め、
判断し、行動すべきことが重要だと思います。

そしてその際には、マスメディアの情報は鵜呑みにしはしてはならない。
残念ながら、そのことを肝に銘ずるべきだと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋のイベント ~鉄道フェスティバル2010とMILK JAPAN LAND 2010へ行く [お出かけ]

秋ですねえ。
この間まで「夏はいつ終わるのか~、暑い~」などと思っていたら、
一気に秋になった感じです(笑)。

秋といえばイベントが目白押しですね。
ろっくは今回、
日比谷公園で開催された「鉄道フェスティバル2010」と
銀座有楽町で開催された「MILK JAPAN LAND 2010」の
両方に一日で行く、梯子体験をしました。
どちらもなかなか面白い貴重なイベントでした。

もともとの目的は、今年で17回目という「鉄道フェスティバル」。
JR各社に加え、各地の私鉄も参加しての盛大なイベントとのこと、
雨上がりの日比谷公園に出かけました。
果たして、そこは、小さな子供から大きな子供?までの、
鉄道に強い想いを持つ人たちの夢の祭典の場でした。

もちろん子供向けにトーマス乗車(本物の石炭で走る)などもありましたが、
001.png

目玉はやっぱり、鉄道グッズのようでした。
DSC05653.JPG

ろっくも、「2010年10月10日」の乗車券など、マウスやらストラップやら
トランプやら、魅力的商品の数々に思わず買いそうになりましたが、
ぐっと我慢をし、唯一買ったのがこちらのお弁当、
「牛肉道場」という米沢駅で取り扱われている商品です。
DSC05654.JPG

1100円は若干高価ですが、それでも米沢牛を使っているらしく、
実においしい商品でした。
DSC05655.JPG

特に
●ちょっぴり辛目の味噌味で仕上げたそぼろと、
 しょうが焼き風のロースが両方満喫できる点はポイント高し
●ご飯も深めに盛られており、見た目よりは量あり
●付合せの「焼き味噌(?)のしそ巻き」が激ウマ
●一本どーんと入った生姜も、実にパンチあり!
●甘く煮付けた(?)サツマイモもグー、
と、決して肉に頼るだけでない、見事な全体構成で大満足でした。

それにしてもこのイベント、10月14日が「鉄道の日」らしく、そのため
国土交通省もかかわって毎年開催されているようですが、
実に壮大なイベントでした。

しかし、サイトの情報が充実していないのが「玉に瑕」ですね。
国土交通省の枠組みだからでしょうか。
もっとWebを充実させて、人を呼び込めばさらに魅力的なイベントに
なりそうなのに、ちょっともったいなくと思いました。

====

さてさて、「鉄道フェスティバル」からの帰り道、有楽町駅へ向かった
ところ、なにやら大規模なイベントの気配・・・

DSC05657.JPG

これが「MILK JAPAN LAND 2010」でした。

いまどき珍しいほどに、大量に人を雇って、大量に無料チケット
(ミルク券)を配布しての催し。簡単なクイズに答えると、さらに
ミルク券をゲットでき、その券でミルクを使ったおいしい飲み物や
商品をもらえたりと、まさに大変贅沢なイベント。

誰がどういう動機でやっているのかと思い、調べてみたところ、
どうやら「牛乳に相談だ。」の大量のテレビCMで話題を振りまいた
牛乳関連の団体「社団法人中央酪農会議」というところが、新たな
キャンペーンの全国展開を考え、そのキックオフイベントとして
開いたものだそうです。
道理で、力とお金が入っているはずです!

以下、簡単にわかった点を列記。

●「MILK JAPAN」は、30代を中心とした母親の「子育て」を、牛乳を
 通じて支援する草の根運動。
●そして「MilK Japan Land 2010」は、「MILK JAPAN」の本格始動に
 さきがけ、一般の方に参加いただき、牛乳の魅力をもっと知って
 いただく為の「牛乳啓蒙・酪農体験イベント」。

●社団法人中央酪農会議は過去5年間、牛乳の飲用促進キャンペーン
 「牛乳に相談だ。」を実施。このキャンペーンは、実飲用層の中高生
 をターゲットに実施し、認知は非常に高い水準を獲得、牛乳に対する
 親和性は強まったものの、牛乳の飲用促進は期待ほど改善されず。
●よって今回は、幼児や、小学生の時期からの牛乳飲用を習慣にして
 いくことで、牛乳の持続的飲用促進の素地を形成することを目標に、
 30代の若い母親たちの牛乳に対する価値意識の変化を基本戦略
 とした取り組みを考え、「MILK JAPAN」を発案。

●「MILK JAPAN」のスローガンは「牛乳が日本を元気にする。」。
 牛乳を通じて、子どもが元気に、母親が元気に、地域が、日本が
 元気になっていくことが最終目的。
 また、これらの活動を通して、酪農家自身が自らの仕事に対する
 誇りを得ることにもつながり、日本の酪農業の持続的成長の素地
 が物心両面から確立することに繋がることも期待。

いやあ実に壮大な計画です。

が、さらに調べてみると、牛乳ってあまり消費されていないんですね。
こちらのサイト「牛乳スクエア」の情報によれば
http://www.j-milk.jp/gakunyu/rakuno/gaikyo/syouhi_ryou.html
スウェーデンの4分の一、アメリカの2分の一など、日本がいかに
牛乳を飲まない国なのかがよくわかりました。

いやあ、これは大変だなあ。牛乳について考えさせられました。

・・・ということで、長々書いてしまいましたが、
いろいろと楽しみ、考えさせられた二つのイベントでした。
秋はモノを考えるのにもよい季節です・・・。

※「鉄道フェスティバル」について
  http://www.mlit.go.jp/report/press/tetsudo01_hh_000024.html
※鉄道の日
   明治5年(1872年)10月14日に新橋・横浜間に最初の鉄道
   が開通したことを記念して、10月14日を「鉄道の日」と定め、
   この日を中心にしてJR、民鉄等鉄道関係者が一堂に会し、
   鉄道のを祝うとともに多彩な行事を実施することにより、鉄道に
   対する理解と関心を深めることを目的としています。
 
駅弁「牛肉道場」松川弁当公式サイト
 http://www.ekiben.or.jp/matsukawa/type/meat/2009/08/000636.html

※「Milk Japan」公式サイト
   http://www.milkjapan.net/

※社団法人中央酪農会議
   http://www.dairy.co.jp/newindex.cgi

※「Milk Japan Land」について
   http://www.dairy.co.jp/news/kulbvq0000001v34-att/kulbvq0000001v3f.pdf


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

本厚木の良心的で上手なマッサージ屋さん「あ☆楽~」はオススメです [健康]

本日は、最近仕事で時々訪問するようになった本厚木のマッサージ店についてです。
お店の名前はとっても変わっていて「あ☆楽~」と言います。
どうやって読むのか、未だに分かりません(笑)。。
しかしここ、とってもオススメなのです。特徴は、一言で言うと、安い、うまい、サービス良い、
でしょうか。

●安い
  標準料金は以下の通り。
    体験コース20 (20分) 2,000円 ~首筋・肩こり・目の疲れなどを解消
    リフレッシュ40 (40分) 3,500円 ~全身押圧コース
    リフレッシュ60 (60分) 5,000円 ~ゆったり全身押圧コース
    リフレッシュ100 (100分) 8,000円
  なかなか安いですよね。
  さらに、今はキャンペーンとして施術後、「次回500円割引券」をくれます。
  有効期限が2週間位なのがミソですが、コリのひどい方には有難いプレゼントですね。

●うまい
  ここのマッサージ師さんは、私は三度とも同じ方ですが、この方(店長さん?)は
  実に上手です。首、肩、背中、腰、足など、どこであっても大変お上手です。
  まず満点レベルを普通につけられる技術だと思います。
  ろっくはつらくなると行きますが、いつも大変「楽~」になって帰ります。

●サービス良し
 ・平日昼間(12~15時)ですと、標準価格からデフォルトで500円引きですので、
  40分3000円となります。これはもはや激安レベルではないでしょうか。
  お茶のサービスもあります。
 ・夜ですとお茶はいただけませんが、他にお客様が居ないときなど、少し時間を長めに
  サービスしてマッサージしていただます。(お茶より嬉しい!?;笑)


本厚木駅から若干歩きますが(イトーヨーカ堂そば)、穴場的な大変良いマッサージ店です。
ろっくのお気に入りのマッサージ店がまた一つ加わりました。


※「あ☆楽~」公式ホームページ
  http://www.a-raku.jp/
 神奈川県厚木市中町4丁目14−6
 046-223-6995
 午前10時~21時まで(最終受付20時30分まで)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。