So-net無料ブログ作成
検索選択

あきれたニュース:福島県SPEEDI担当のお粗末対応・・・ [原発問題]

久しぶりの更新がこのような内容で大変残念ですが、
あまりにお粗末な行政の対応と思いましたので、Upします。

まずは記事の紹介から。

原発事故直後の拡散予測を消去=メール受信に気づかず-福島
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012032100268

=============================================================
 東京電力福島第1原発事故で住民避難に活用できなかったことが
問題視されている「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」
(SPEEDI)について、福島県が事故後の昨年3月15日朝までに
メールで送られた放射性物質の拡散予測をなくしていたことが21日
までに分かった。県はメールの受信に気づかず、データを消去していた
とみられる。
 県によると、SPEEDIの運用を担当する原子力安全技術センターが
同月12日午後11時55分ごろからメールを1時間ごとに送信。
しかし、県は15日朝まで着信を把握せず、メールボックスの容量が
いっぱいになったとして、他のメールとともに消去していた可能性が高い
という。
 県の担当者は、拡散予測は県庁内の専用端末に届くことになっており、
震災のために庁舎が使えなくなって、データは入手できないと考えていた
と説明。同センターからメールを送付したとの連絡もなかったとしている。
(2012/03/21-11:48)
=============================================================

四つの大間抜けな問題があると思います。

1.メールがいっぱいになったら中身も確認せずに消去すること
2.11日(金)午後~15日(火)の朝までメールを確認していないこと
3.担当者の説明が、「データは入手できないと考えていた」
  「同センターからメールを送付したとの連絡もなかった」
  程度の知見しか持たないこと
4.担当部署も担当名も、責任も明らかにされていないこと

1は、会社員の個人メールならいざ知らずお役所のメールですよね。
いっぱいになったからといっても、消さずに「保存用のフォルダ」等に
移動させることはできない仕様なのでしょうか。
また、いっぱいになったらろくに中身も読まずに消して良いと定められて
いるのでしょうか?
この非常事態に、もしかしたらお役所しか頼れない誰かの救いを求める
命のメールも入っていたかもしれないのに、中身もろくに見ずに消す
なんて言語道断!本当に人道をはずれた非道だと思います。

2は、12日から数えても3日以上もメールを確認していなかった模様。
メールをチェックしない期間が長すぎやしないでしょうか。
そもそもスピーディシステムが勝手なアドレスにメールを送付するわけ
はなく、転送先として登録してあったはずです。
にもかかわらず、福島第一原発があのような危機的状況にあったときに、
3日もメールを見ずに放置していたというのは、あまりに無自覚すぎま
せんか。何のための担当でしょう。何のための登録先でしょう。
その期間、その担当が、何にプライオリティをおいてどのような業務を
遂行していたのか、それは正しかったのか、しっかり検証がなされて
しかるべきです。

3は、もともと軍事目的で開発されたインターネットの世界のメールは
「電話よりも災害に強い」ことを、携帯電話会社などが散々啓蒙している
にもかかわらず、「入手できないと考えていた」「メールしたという
連絡がなかった」と言っている時点で、その人は担当失格でしょう。
2もあわせて考えるに、民間なら職務怠慢&知識不足で即刻配置換え!
災害時だからこそ「メールで連絡することしかできない」こともありえる
のに、今までどんな訓練・想定をしていたのかと疑念を持たざる得ません。

4は、およそお役所に共通する点ですが、今回も「担当」という言葉が
出てくるばかりで、担当部門名や個人名が一向に出てきません。
結果として、福島県における本件の責任がどこの誰にあるかも不明なまま。

このまま数年たつと配置換えなどがおきたことになり「当時の担当は居ない」
とさらにお茶を濁されるのも目に見えています。実に無責任極まりない。

福島県が東京電力を批判するのは、それはそれでやるべきと思いますが、
同時にわが振りも見て、正すべきところは正さなければならないでしょう。
佐藤雄平福島県知事、この未曾有の状況だからこそ、ぜひ身辺はきれいに
していただきたい。個人のミスを追及するのではなく、県として問題が
なかったのか、あったとすればそれはどうすれば防げたのか、今回の件を
踏まえて今後はどうしていくのか、を徹底的に明らかにすべきです。
いろいろ大変なのはわかりますが、今やらなければ、すべてが風化して
しまい、後世への教訓として活かすことができなくなってしまいます。


※福島県のホームページ
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=10092

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。